読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アコムで借りるまでの流れを紹介!口コミ・審査・体験レビュー

アコムでキャッシング出来るか?ガチの体験レビューしちゃいました。結果から言うと借入成功!!初めての人でも簡単で安心の阿古群れの借り方を紹介

キャッシングと銀行ローンの違い

キャッシング基礎知識

 今さら聞けないキャッシングと銀行ローンの違い


1. キャッシングと銀行ローンはどこが違う


キャッシングは、消費者金融が運営していることが多く、銀行ローンは銀行系が運営しています。大きく違う点は、総量規制です。総量規制とは、「年収の3分の1以上の借り入れはできない」という法律の規制です。消費者金融系からお金を借りる場合、総量規制の対象となり、年収の3分の1以上の借り入れはできません。しかし、銀行ローンの場合は、総量規制の対象外と判定されますので、総量規制を超えていても借り入れができます。そのほかにも、金利面で差があったり、審査基準が異なったりと様々な点でキャッシングと銀行ローンは異なります。しかし、利息で利益を上げているという点は両社とも共通しています。


2. キャッシングと銀行ローン金利が低いのはどっち?


キャッシングと銀行ローンの違いは、「金利」です。基本的に、お金を貸すことを行っていますが、金利が異なります。消費者金融系が運営するキャッシングは、最大金利が18.0%のところがほとんどですが、銀行が運営するカードローンは、13.0%~15.0%で借りることができます。このように、キャッシングと銀行ローンでは、銀行ローンの方が金利が低く、多額のお金を借りるのであれば銀行ローンの方がお得です。しかし、少額のお金を借りるのであれば、キャッシングの方がおススメです。キャンペーンによっては、無利息期間が設定されていることがあり、その期間中に借りれば、一定期間は利息を支払わなくて済みます。


3. キャッシングと銀行ローン借りやすいのはどっち?


キャッシングと銀行ローンの借りやすさは、キャッシングの方が借りやすいと言われています。キャッシング業者は、お金を貸して利益を上げているため、多くの人に利用してもらった方がより儲かります。そのため、審査では、「年収・年齢・職業」の3つを重点的に見て、個人信用情報と照らし合わせて審査をしています。しかし、銀行ローンは、先ほどの条件に加え、信用情報に重点を置いて審査するため、場合によっては借り入れができません。ただし、総量規制の面で言うと、銀行ローンは総量規制の対象外ですので、お金を借りすぎている人にとっては、銀行ローンの方が借りやすいと言えます。